ruiruix’s diary

ロードレーサーとバレエ、ときどき仕事

ロードレーサーとバレエ、ときどき仕事

シュツットガルト・バレエ団 オネーギン

いろいろありすぎて。

2015秋のシュツットガルト・バレエ団は最高でした。

満足すぎて、他の舞台を観に行こうという気持ちにならない。

オネーギン:ジェイソン・レイリーさん

タチヤーナ:アンナ・オサチェンコさん

前半は、ふたりともどちらかと言うと大人すぎ…?

エヴァン・マッキーさんのオネーギンを2012年に吉岡美佳さんで観てて、

すごく感動していたので、マッキーさんと比べると

ステキだけど、まあまあ。って感想だったのだけれど。

後半、特に最後のパ・ド・ドゥで吹っ飛ばされました。

あんなに泣いちゃったのは初めて。

すがりつくオネーギン、昔の恋心に揺れるタチヤーナ、

チャイコフスキーの曲と相乗効果で、心をかきむしられました。。

あぁ、舞台ってすごい。と、2,3日は放心状態でした。。

 

実は、ゲネプロの見学も当たったので、レイリーさんの前に、

フォーゲルさんのゲネプロを観たのだ。

すっごーーく期待していったんだけど、、、

あまり感動はしなかったんだよね…

とってもステキでキラキラはしていたけど、

まだオネーギンには若いのかな~って。

監督の指導を交えながら、衣装もレオタードの人もいたりしたし、

やっぱり本番の舞台とは違うんだなぁ~

 

という訳で、今年はバレエは少し休憩。

ふふふ、エリザベートが7月にあるから、そっちに集中じゃ~~

(≧▽≦)