ruiruix’s diary

ロードレーサーとバレエ、ときどき仕事

ロードレーサーとバレエ、ときどき仕事

パリのアメリカ人@劇団四季☆彡観てきました☆彡

劇団四季のパリのアメリカ人。

ダンスがすごいって噂を聞いて、観てきました。

ダンス、めちゃくちゃ素晴らしい!

めっちゃ踊って踊って、ぴたっと止まってすぐに歌!!!(≧▽≦)

あんなに踊って続けて歌で、歌も全然乱れない!!

すごいな~バレエも踊れて(ポアントとかバリバリだった)、

歌も歌えて(いい声だった~みんな)、

お芝居もできちゃう!という!!

演出もすごくスピーディー。

衝立を使って一瞬で場面転換、ああ、センターで観たかった!

観た後、ちょっと幸せな気分になって電車に乗りました(⌒∇⌒)

またミュージカル、観に行こう!

 

 

 

 

…お話は私の好みじゃなかった、残念☆彡

つれない彼女に言い寄って、その気に~させる、そこがね~

は?何この男?こいつ、嫌い。ってなっちゃったからね~

ヒーローに共感できないとむずいわ。

彼自身は上手に歌って踊って最高だったから、単に好みの問題ね。。

ミュージカル”HARUTO”千秋楽、良かった!

土曜日のHARUTO千秋楽、観てきました。

京本大我くん、座長として成長したね~

今回、東京公演の真ん中くらいと、大阪ラストを観れたんだけど、

東京よりずっと良かった!

これ、、箱の違いも大きかったのでは…?

最後の最後だったから、全員が全力で、

もちろん、何回も公演をこなしたことで充実していったってこともあるだろうけど。。

東京のは小ぢんまりと役者さんたちとの距離がすごく近くてそれはすごく良かったんだけど、舞台の3方向に観客がいて、なんか舞台のパワーが3方向に拡散されてく感じ。

大阪は、通常の舞台だから、正面に観客がいる→3方向だったパワーが一緒になってこっちに来る、というのか。

 

大我くん、高音も低音も、演技も、、良かった、感動でした( ;∀;)

リセ役能條さん、大阪の時の死ぬときの歌、良かったです。東京の時は元気そうな歌声でした。

狼族の方、たっぱもあってカッコいい。でも、、歌い方とか大我に引っ張られてる気がする。めっちゃ似てきた。

あと、狼族の王に報告するところ、もっとこっちの心をえぐる演技して欲しかった。うん、物足りない。あまりに普通。リセが死んで苦しい・後悔・怒りとかいろいろな感情を秘めてて欲しい。確かに、その場面自体は、大筋からは外れててさらっと流すのもありなんだろうけど、、ここで苦しさが観客に伝わらないと、その後のハルトとの対決に深みが出ないと思う。せっかく、ヴァンパイア対狼族っていう対等な立ち位置のはずなのに。

てか、王に報告の場面って、彼にとって一番のオイシイ場面じゃないの?観客はほとんどがハルトのファン、そのファンに「この人も素敵!」って思ってもらって次も観たいなって思われるのに。あそこで深みのある演技をしたら、ハルトも食えるのに。と、思いました。とても素敵な役者さんだから、、もっと伸びて欲しいなぁ、と。

サニー先生の大月さんはすごかった。あれだけ早口で音程もバッチリ、しかもすべてのセリフが聞き取れるという!!!!さすが、ヅカ出身の方だわ~歌も踊りも最高!全体的にこの舞台の肝だったんじゃ、と思う。この役がいまいちだったら、、怖すぎる。ただのアイドル舞台になっちゃったかも…とか。

執事/王様の方は、いい味お持ちなんですが、、歌をがんばってください。最初のシーン、ハルトさまをお世話する的な執事の歌は、わりとガッカリしました(;^_^A 王様の威厳は〇、最後の方のリセの絵をハルトに渡すシーンとかは良かったので、、お願いします。

学校の生徒さんたち、楽しく観れました。でも、主役を食えなかったかな~がんばってください。

ダンスチーム?はすごく良かった!動き、キレキレでした!あんなふうに踊りたい☆彡

曲がとても素敵だったので、再演あったら嬉しいな~難しいかな~でもそれを期待して!!

今年の私。

 

今週のお題「2019年の抱負」

うーん、今年はどんな年になるかな~

イギリスとフランス行きはほぼ確定。

バレエの発表会は未定、というか6:4で無しかな。。(;^_^A

でもある方に賭けたい~

月一の都内レッスン確保と

月二のスイミングでやる気と健康キーープ☆彡

シェイプアップは何としても3キロ以上!

エリザの舞台も3回以上観たい!!

あ、ピアノは今年で卒業予定。卒業曲はシンデレラのワルツ@プロコフィエフ♪♪♪

楽しい年になるよ(⌒∇⌒)/