読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ruiruix’s diary

ロードレーサーとバレエ、ときどき仕事

ロードレーサーとバレエ、ときどき仕事

東宝エリザベート!@中日劇場

行ってきました、名古屋まで。

東宝エリザベート。ああ、もう終わっちゃったのね…

私も黄泉の国に連れてって欲しかった…

 

トート閣下

城田優さん。毎回、違うのね…?進化しててすごい良かった。

7月に帝劇で観た時は、耳元で囁いたり、ほとんど襲い掛かったり、、

あ~~~あんなことされたら腰砕ける。って思いながら観てた。

今回中日のトート閣下は、黄泉の帝王=いつもは実体がない、が、

エリザとかかわる時は人間の形を取る、って感じ。。

歌も素敵だったし、雰囲気ももうこんなきれいな人居るの、、って

見とれちゃうし、、、城田さんは、トートで観たい。

(高校のドラマは観てたけど正直城田さんオーラをバーンと出す役じゃなかったからか、台本もいまいちだったし、、、)

また次の舞台が楽しみ。チケット、取れますように。

 

フランツ・ヨーゼフ1世陛下

なぜか今年は3回とも田代万里生さん。

帝劇の2回も、最初はいまいち存在感薄いけど、後半すっごくいい!

特に夜のボートから悪夢まで、心をえぐってくる熱演!!

今回中日では、前半から目が釘付け。。

若い皇帝がシシィに一目ぼれして、誠実に愛してて、

でも年を取っていろいろあって、、、

悪夢の時はトート閣下より注目してしまった…。辛すぎるよ皇帝なのに。

本当に素敵でした。万里生さん、また観に行きます。

 

ルドルフ皇太子

3回とも、京本大我さん。

去年、知らずに観て、すごくルドルフにぴったり!あの人誰?!

それからすごくファンに。いろんな役ができる人だね~

歌も上手いし、踊りも抜群、ルックスもいいし、何よりガラスのルドルフまんまの雰囲気。惚れた。

帝劇の時も良かった。独立運動で捕虜→父の叱責からの

絞り出すような「父上…」は、心に突き刺さった。。。

(直後「グスッ」って鼻すするのがすぐ後ろから聞こえてしまった。タッチの差で私泣けなくなっちゃったじゃない!!!くそ~~もっと浸りたかったのに!!)

ジャニーズはどうなのか。。。今グループに入ってるようだけど、アイドルじゃもったいなすぎると思う。。ジャニ好きな友人からの情報で、ミルクとエーヤンの時にも出てると聞いて探しちゃったのは内緒だ。うふふ、見つかったよ♪

 

ルイジ・ルキーニ

帝劇では山崎育三郎さん。私は今まで観たルキーニ4人のうち、育ちゃんが一番好き。舞台を回していく感じとちょい悪な感じ、歌も上手いし、出てくるとこと引くところと、バランスがすごく好き。

中日では成河さんだった。歌も上手かったんだけど、何だろう、すごく脇役感があったんだよね。一応、こんな場面ですよ~って説明してくれるんだけど、その後はもう気配が消えるというか。だから、エリザ・トートの次がほんとはルキーニなんだけど、私の印象から言うと、エルマーとかと一緒的な。なんでだろう。すみません。

 

ゾフィー太后

香寿たつきさん2回と涼風真世さん1回。私わりと香寿さん好き。

涼風さんはすごく強いっていうか、キッつーい。

香寿さんは最初はどっしり存在感ゾフィー。中日ではかなりきつさUPで宮廷でただ一人の漢よね、って感じ。

 

エリザベート

花總さんのはどうしても取れず、蘭野はなさん。

去年1回、今年3回目だけど、やっと気にならず観れるようになった。

最初はひどかった…申し訳ないけど、最初は視界から外して観ててそのうち彼女の出番でイライラして、最後は「トート閣下もフランツも、なーんでこんな自己中のひどい女がいいの?!」ってとこまで行っちゃって、二度と観ない。と思ってた。

今年も花總さんとダブルキャストと聞いてびっくり。

でも花總さんの日は受付開始数分で消え、でもエリザは観たいから

去年あれだけいろんなところで叩かれて、それでも今年やるんだから

きっと上手くなってるよ!ってことで彼女を3回観ることに。

最初の時は、数日休んだ後だったらしく、あら!覚悟してきたけどそれほどひどくはないじゃないの。やっぱり上手くなったわね。

2回目。え、、、この前のは何だったの?なんで演歌歌手みたいにこぶしをきかせるように体をゆするの。。

中日は、だいぶこなれて、歌に気持ちが入るようになったみたい。

アニメ声っぽいのも解消されて、普通に観れた。良かった(⌒∇⌒)

(わたしにぃ~~~♪のとこだけは許せなかったけど)

 

ルドヴィカとマダムヴォルフ

未来優希さん。普通のおばちゃんのシシィのお母さんと迫力のマダムヴォルフ、なんでこの役が両立するの~すごいっす。

 

ヘレネ

原宏美さん。彼女の演技も歌も良かった!ただ、、、ゾフィーヘレネを見て「ひどいドレス、変なヘアー」って言うのが言葉通りの変なドレスで変な髪形だった…かわいそうなくらい。そりゃあんな変なスタイルの娘を選ぶわけがないよ。対するシシィはシンプルながら清楚なドレス(白基調でグリーンの細いリボンがあしらわれてる、髪は同じ細いグリーンのリボンを両サイドに結んで垂らしてる)。「馬子にも衣裳」っていうじゃないですか。演出の方、本当に「変」にしてどーすんの?!今までのは、割と「頑張っちゃった結果」で、ゾフィーのセリフも嫌味っぽい姑感だったのに、今回のはまじで「えーっ、これですか!」って焦ったんだなってゾフィーに共感しちゃったよ。なお、私服の原さんはとても可愛い方でした(⌒∇⌒)頑張ってください!

 

 トートダンサーズ

五十嵐耕司さん、乾直樹さん、岡崎大樹さん、小南竜平さん、鈴木明倫さん、田極翼さん、照沼大樹さん、楢木和也さん。

皆さん、とっても素敵でした!透ける衣装から見える筋肉、惚れ惚れ~中にジュテの際のつま先が素晴らしくきれいな方が!

 

日劇場は出待ちすることができて、城田さんはみんなに握手してくれて感激♪高校生は頭ポンポンしてもらってキャァ~(≧▽≦)してた。

私もやって欲しかったけど、、、自制したよ…( ;∀;)

田代さん、フランツの時より私服のほうが素敵~すらっと背が高く、カッコよかった♪そして、いい香りだった。メイク落とし?

トートダンサーの方たちも立ち止まって握手してくれてたし、う~ん、また名古屋行きたい。

その時は、サイン用にゴールドのペン持っていく!!