読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ruiruix’s diary

ロードレーサーとバレエ、ときどき仕事

ロードレーサーとバレエ、ときどき仕事

第14回世界バレエフェスティバルAプロ!!!後半

レッスンで、凹んできた。まだ曲をしっかり歌えない…(´・ω・`)

さて、バレエフェスAプロ後半を!

☆彡第3部☆彡

●「失われた純情「いにしえの祭り」」アンナ・ラウデール*エドウィン・レヴァツォフ、シルヴィア・アッツォーニ*アレクサンドル・リアプコ

ゴメンナサイ、分かりませんでした…orz

最初のペアが出てきて踊ってる後で、ボーイさん風の二人が燭台とか椅子とか片付けてるのがすっごく気になっちゃって…あの人達がもう二人ってこと?でも男性二人だよね(よく見えないけど(^_^;)、お片づけと踊りと何の関係が?!と、、、。

女性の衣装は、ロングスカート付きのキャミレオタードだった。スカートが、前部分と後部分に分かれていて、それぞれ深く重なっているから、立っているとスカート、動くと2枚の布というのがわかる構造(で通じますか…(^_^;)

最初のペアの女性、多分ラウデールさんのおみ足が素晴らしく美しく、引き締まって筋肉が付いている足って素敵よね~と釘づけでした(≧∇≦)/

後半のアッツォーニさん、お痩せになったのか??身頃をつまんでたんだよね。

その位置が、脇でもなく背中心でも無く、キャミの左側の紐の下だったの。。。

すっごく気になっちゃって…m(_ _)m

 

●「シンデレラ」アリーナ・コジョカル*ヨハン・コポー

これをすっごーーく期待してた。でもでもでも、パ・ド・ドゥじゃなかった…

最後の最後のシーン、「王子様とシンデレラは幸せに暮らしました」のちょっとした二人の踊り…。短い。

幸せな二人の幸せな踊りだったけど、、、ゴメンナサイ、素敵だったからこそ、ちょっとがっかりでした…もっと観たかった。くくく。

 

●「オールド・マン・アンド・ミー」ディアナ・ヴィシニョーワ*ウラジーミル・マラーホフ

またモダン系か~と思って気を抜いて観てたら、面白かった(≧∇≦)/

ヴィシニョーワさんの色っぽさとマラーホフさんの妙に真面目な表情が笑える~

ベアトップのベロアのロングドレス、素敵でした~よく見たら、フィギュアスケートのように、肌色のチュールの肩が付いてた!あれだけすごく動くもんね、いくら伸縮性のあるベロアでも肩ひも必要よね~

お互いに空気を入れるのが息ぴったり、会場からも笑い声がおこってました(^O^)

マラーホフさんの振付だとばっかり思ってたら、違ってビックリ。そのくらい面白かった!

 

●「パリの炎」ヤーナ・サレンコ*ダニール・シムキン

シムキンさんの相手役がやっぱり怪我(マリア・コチェトワさん、Bプロの出演はまだ未定、どうなったのかな、早く治って来て欲しい)で、急遽サレンコさんとのパリの炎!サレンコさんも基本に忠実にキレイに決めて、シムキンさんは絶好調!グルグル回ってましたね~でも、以前見た時は「ボク回るよ!すごいから見ててね!!」って感じだったのが、さらりとこなすというか二人で踊ってる感が素敵でした(*^_^*)あ~、ほんとは海賊だったんだよね~シムキン君のアリ、観たかったな~~~~

あの、回転しながらジャンプしてもいちど足を回すワザ、なんてパなのでしょうか…すごすぎでしかも美しかったっす。

 

☆彡第4部☆彡

●「白鳥の湖第2幕より」ウリヤーナ・ロパートキナ*ダニーラ・コルスンツェフ

ロパートキナ様、美しかった…まさにオデット、まさに姫!手足が長くて無駄を全て削ぎ落とした感じ。しかもすごく苦悩しているオデット姫でした。

カーテンコールでも、あれっ?すごく不機嫌な姫??センセ曰く、相手が…ロパートキナがかわいそうよ!…そうだったんですね、私、オデットしか観てなくて(^_^;)

 

●「トゥギャザー・アローン」オレリー・デュポン*エルヴェ・モロー

白Tシャツとデニムパンツの二人。踊りは素晴らしく素晴らしかった!

しかし、出てきた瞬間、私の脳内では「ユニクロのサラフィットと超ストレッチスキニー」というキャッチコピーがグルグルしちゃって、、、バカバカバカ、自分のバカ。

ん~、Bプロでマノンを踊ってくれるから、楽しみ~デュポンは今年のダンスカレンダーで椿姫の紺のドレスで写っていて、その美しさにため息もんで、一番目立つ所にポスター的に飾っている位好き♪

 

●「オネーギンより第1幕のパ・ド・ドゥ」アリシア・アマトリアン*フリーデマン・フォーゲル

ワタシ的にはこれだけでもいいくらい、楽しみにしてた。そして、見事なパ・ド・ドゥ、ありがとうございました。。マイムと踊り、ほんとに融合してるのよね…ああ、この二人のオネーギン、観たいぃぃぃいいいい~~~でもでもでも、本番の1ヶ月前、お稽古休んで観に行ってる場合じゃナーーーーーイ!!!きっと、私の取ったチケットの日も素晴らしいことを祈ろう。そして、この二人のロミジュリも素敵だろう(でもシュツットガルトのロミジュリ、好きぢゃないんだよなーー)

 

●「ドン・キホーテ」ヴィエングセイ・ヴァルデス*オシール・グオーネ

結婚式の場面のパ・ド・ドゥでした!グオーネさんはアフリカ系、ヴァルデスさんはキューバの方。おふたりとも、パワフル!回転!!ジャーーンプ!!!

ヴァルデスさんのアラベスクキープ、ほんとに動かない!足高いし。回転もすごかった!内心、「ロホさん、ライバル出現~~」と、黒ruiに。

グオーネさんの回転、パッセで死ぬほど回って、両足回転に戻したかと思ったら逆足をパッセにしながら回って最後パッセからデベロッペしてドヤ顔で下りてくる~。

二人共、会場中が熱狂してました。技術に点数をつけるなら、世界一なんじゃないかな。

ただ、、物語の全幕を観たいかって言うと微妙かな。なんとなく、心に訴えかけるしっとりした演技というより、技術で圧倒する感があるのよね。だから、そのへんを充実させたヴァルデスさんが観たい。

あと、グオーネさんの衣装が好みじゃない~もっと似合うのあると思う!

 

●フィナーレ 「眠れる森の美女」よりアポテオーズ

ほんとうに豪華なメンバーで、どこを見よう!とキョロキョロしちゃうくらい。

ロパートキナ様がニコニコしてたのが印象的でした!…ホッとしましたε-(´∀`*)ホッ

 

火曜日にBプロ。楽しみ~~~~~(≧∇≦)/